FOOD

2018/12/01

山陰のおいしい酒と郷土料理 おちらとや

アットホームな雰囲気で
山陰の逸品と地酒を心ゆくまで

 店名にある「おちらと」は、地元の方言で「のんびり」という意味。山陰の郷土料理と地酒を心ゆくまで堪能してほしいという想いが詰まった店内はアットホームな雰囲気で、笑顔の素敵な店長さんが明るく出迎えてくれる。
 お酒は日本酒や大山Gビール、松江の地ビールなど豊富な銘柄が売りで、その数は50種類に上る。冬場の料理はなんといってもカニ。鳥取から直送したベニズワイガニをボイルやサラダ、卵焼きにして味わえる。鳥取市湖山池産の「しじみの酒蒸し」など変わりダネも。キャパはカウンター含め約40席。

写真:山田薫